Macbookで外付けSSDをフォーマットする方法

Macbookで外付けSSDをフォーマットする方法

今回は、Amazonセールで外付けSSDを安く購入してきたので、Macbookにつないで使うことにします。
元々、外付けSSDを使って使用する予定でしたので、Macbook内臓のSSDは256GBの少ない方を選択していました。

早速Macbookに接続して!っと・・・

デスクトップにアイコンが表示されてる!ほうほう認識されてる!良々、順調と思ったも、つかの間、
開いて保存しようと思っても、フォルダを作成しようと思ってもできない・・・

フォーマットが必要なようです。

さて、フォーマットしようと思っても、今までWindowsを使っていたので、Macでのフォーマットのやり方が分からない!

さあ、困った・・・

ネットを調べるところからスタートです。。。とほほ。。。

発見!!!

手順通り行うと普通に使えるようになった!!!
ということで、同じことで困った人の助けになるかも知れないので、手順を下記に書き留めておきます。。。

是非、ご活用ください(^^)v

Macbookでの外付けSSDフォーマット手順

まずは、finder > 移動 > ユーティリティ を選択

ユーティリティフォルダが開くので、「ディスクユーティリティ.app」を選択します。

すべてのデバイスを表示を選択

下記が開いたら、「すべてのデバイスを表示」を選択します。
外部から接続しているディスクが表示されますので、対象のディスク(ここではI/OデータのSSD)を選択します。

「消去」ボタン選択

上部から「消去」を選択します。

フォーマット形式設定実行

ダイアログが開くので、

名前:自由に設定
フォーマット:Mac OS拡張(ジャーナリング)
方式:GUIDパーティションマップ

を選択して
「消去」ボタンを選択します。

フォーマット完了

下記が表示されたら、正常にフォーマットが完了です。「完了」ボタンを選択します。

赤色だったバーが青色に変わりました。

これで、通常通りフォルダ操作が可能になりました。

おつかれさまでした。

終了です。

まとめ

いかがですか?Macbook初心者にはどこからフォーマットをするのか?も分からないですよね。

私と同じように迷った方が、こちらにたどり着かれたと思います。一緒にMacbookの使い方を勉強しましょう。
情報にたどり着いたら、あとは機械的に値をセットすれば良いだけです。

あと、SSDについて、私は、
とりあえず、500GB前後でメーカー名に認識のある価格が安いSSDを探しました。
Amazonセールと合わさって3,500円程でした。

それ程、高速なものが必要というわけでのなかったんで、SSDなら良いや!ぐらいで購入しましたが、
普通に早いです。いい買い物ができたと思っています。

ネット、YouTube等で個人が紹介されているものは、比較的高価なものが多いように思われます。
ご自身の使用用途、目的に合ったものを探せるようになれれば良いですね。
安いものは悪いもの、高いものは良いものという考えが、この時代でも残っているように思いますが、
安くてもしっかりしたところから購入すれば、保証もあります。それにそんなに簡単に潰れませんよ(^^)

情報があふれてるネットの世界で、自分に合った情報をしっかりつかめる力を付けましょう。

フォーマット前からデスクトップに表示されてたSSDのアイコンから、通常通り、使えるようになりました。

ということで、今回の記事がたとえ1人でも良かったと思ってもらえると幸いです。
最後までお付き合いくださり、ありがとう。感謝します。

関連記事